Skip navigation

Gottfried Schüll

弁理士

1999年よりパートナー

Bleichstraße 14
D-40211 Düsseldorf

Phone +49 211 90490-0
Fax +49 211 90490-49

mail@cohausz-florack.de

詳細な履歴

ゴットフリート・シュル(Gottfried Schüll)氏は、全世界をカバーするSEP特許ポートフォリオの権利行使と収益化を成功させてきました。 実例としては、映像圧縮技術AVC/H.264に不可欠な特許の所有者を代理して、テレビメーカーを相手にしています。 AVC/H.264のSEPに基づいた中国最大のスマートフォンメーカーに対する過去のエンフォースメントキャンペーンの成功により、MPEG LAの対応するライセンスプログラムは、SEPライセンスのゴールドスタンダードとしての地位を確立しました。 これらの訴訟において、第一審および控訴審は、プールライセンスのFRAND性と同様に、標準化された技術の侵害を確認しました。

これらの案件は、過去20年間、映像圧縮、デジタル決済、通信技術の分野で世界のマーケットリーダーを相手にした複雑な手続きにおいて、3G、NFC、インターネットプロトコル(IP)、ADSL、MPEG-2の必須特許の特許権者のために行ってきた仕事の延長線上にあります。

コハウシュ&フロラック法律事務所(COHAUSZ & FLORACK)の特許弁理士として、そして長年のパートナーとして、ゴットフリート・シュル(Gottfried Schüll)氏は、主任弁護士と750件以上の係争や訴訟の無効手続きなどの案件に携わってきました。 連邦司法裁判所、連邦特許裁判所、ドイツの地方裁判所や高等裁判所で活躍しています。 「MPEG-2 video signal coding」に関して、連邦司法裁判所は、特許取得済みの方法によるデジタルデータの作成に対して、独立した保護を認める基本的な判断を下しましたが、これは、シュル氏の功績によるものです。

ゴットフリート・シュル(Gottfried Schüll)氏は、ドイツライセンス協会(LES)のIT担当グループの責任者を10年以上務めています。 これまでの係争での活躍による評判の高さから、独立鑑定人(デュッセルドルフ上級裁判所)や仲裁人としても任命されています。 また、ドイツおよび欧州内のSEPの専門家が集まるイベントの講演者を務めたり、この分野に関する記事も多数執筆しています。

アーヘン工科大学を卒業し、知的財産法を学ぶための研修を終えた後、ゴットフリート・シュル氏は、1996年にドイツ国内の特許弁理士となります。同時に、欧州特許局および欧州連合知的財産庁(EUIPO)にて代理人を務めることも認められました。 コハウシュ&フロラック法律事務所(COHAUSZ & FLORACK)のメンバーとして1997年から活動しており、1999年にはパートナーとして任命されました。 シュル氏は、ドイツ語と英語でアドバイスを行います。

現在の推奨

  • IPatent star 2021 (IP Stars)
  • IAM Patent 1000 2021
    “He is currently representing owners of patents essential for the AVC/H.264 video compression technology against TV manufacturers. Prior successful enforcement campaigns against the largest Chinese smartphone manufacturers based on AVC/H.264 SEPs have contributed to the status of the MPEG LAs corresponding licensing programme as the gold standard in SEP licensing."
  • Leaders League 2021
    Excellent in patent prosecution
  • Best Lawyers 2022
  • The LEGAL 500 EMEA 2021
  • The LEGAL 500 Germany 2021
  • JUVE Handbuch 2020/2021
    Leading advisor among patent attorneys
  • IP Stars 2020
  • IAM Patent 1000 2020
    "Gottfried Schüll brings comfort when trouble brews because of his vast litigation and nullity experience. He sees the whole playing field when it comes to German and European patent litigation, and is an authority in the areas in video compression and international patent licensing."
  • Best Lawyers 2020
  • JUVE Handbuch 2019/2020
    Führender Name unter Patentanwälten
  • Wirtschaftswoche Ranking Patenanwälte 2019
  • IAM Patent 1000, 2019
    "(...) the indomitable Gottfried Schüll, a video compression veteran, continues to prove a major draw for discerning clients looking for the very finest technological skill. (...)
  • IP Stars 2019
  • Best Lawyers 2020
  • JUVE Handbuch 2018/2019
    Führender Name unter Patentanwälten
  • The LEGAL 500 Deutschland 2018
  • IP Stars 2018
  • Best Lawyers 2018
  • IAM Patent 1000, 2018
    "(...) Lately they have been flexing their muscles representing Columbia University, Godo Kaisha IP Bridge 1, Tagivan, Mitsubishi Electric and Panasonic on enforcement actions against Huawei and ZTE concerning patents for the digital video encoding standard AVC/H.264, which is used in smartphones. Leading the charge on this was Gottfried Schüll, utilising his profound wisdom of the telecoms sector. (...)"
  • Leaders League 2018
  • IAM Patent 1000, 2017
    "(...) Gottfried Schüll is both a precision prosecutor and a potent litigator (...)"
  • Wirtschaftswoche Ranking Patenanwälte 2017
  • The LEGAL 500 2017
  • IP Stars 2017
  • JUVE Handbuch 2016/2017
    Führender Name unter Patentanwälten
  • IAM Patent 1000, 2016
    "(...) Enforcement king (...)"
  • The LEGAL 500 2016
  • JUVE-Handbuch 2015/2016
    Führender Name unter Patentanwälten
  • IAM Patent 1000, 2015
    "(...) an adept performer before the EPO (...)"

公表文献