UPCと欧州単一特許: 欧州における知的財産権の新たな可能性

欧州司法裁判所は、独立して特許を取り扱い、中央機関であるため、より高い法的確実性を保証しています。また、より効率的で費用対効果の高い方法で手続きを行います。 これが、統一特許裁判所(UPC)の目的です。 UPCは、ドイツの重要都市4ヶ所に存在します(デュッセルドルフ、ミュンヘン、ハンブルク、マンハイム)。

 裁判所と共に、「単一的効力を有する欧州特許」(単一特許)が導入される予定です。 これにより、欧州特許が付与されると、最大で24のEU加盟国で同様にに特許保護を受けることが可能になります。

統一特許裁判所協定(UPCA)は、近年、何度も疑問視されており、これによりUPCおよび欧州単一特許の導入が遅れています。 しかし、やっとすべてが動き出す兆候を見せており、遅くとも2023年初めに UPCが機能し始める予定です。

国際的に活躍する企業、特許権者、特許出願者にとって、何が待ち受けているのでしょうか? 単一特許の申請に対するメリットとデメリットはどのようなものですか? どのようなコストが想定されますか? それらに対する必要な情報を私たちはすべてご提供します。 欧州で革新的であり続けるために、そして知的財産権を最大限に活用するために知っておくべきすべてのことを、アドバイスさせていただきます。

UPCとユニタリーパテントのすべて

単一特許

合理的で、理想的には時間と費用の節約にもなる方法で、特許保護を欧州全体に拡大したいと考えていますか? 単一特許が効力を有するすべての可能性に関する情報を提供させていただきます。

統一特許裁判所

あるいは、侵害訴訟や無効訴訟、UPCAが発効した後のEUにおける知的財産権の行使方法に関する情報が必要でしょうか? 次のページでは、UPCの管轄およびメリットに関する情報をご覧いただけます。

オプトアウト(適用除外): UPCのメリットとデメリット

UPC制度が、お客様の現在の知的財産権戦略に合致しない場合は、UPCの適用を除外することができます(オプトアウト)。 UPCからオプトアウトした場合、欧州特許(すなわちEPOにより既に付与された特許)は、少なくとも移行期間である7年間は既存のシステムに残り、国内裁判所は、これらのオプトアウトした特許に関する問題について管轄権を保持します。 UPCからオプトアウトする場合の利点、欠点に関する詳細情報は、こちらをご覧ください。

Are you interested in our newsletter CFTicker?

Would you like to be invited to our events?