法律調査

調査は中心となる。 財産権登録の事前、そして既存ポートフォリオを保持するにあたり、常に市場から目を離さないこと。 そうすることにより、大事を取り、リスクを効果的に回避することができます。 重要な手段としては、デュー・ディリジェンスおよびFTO調査、知的財産権の有効性調査、先行技術調査、登録商標調査等があります。 調査は、当事務所の専門家にお任せください。 我々にとって、これらの手段は日常業務の一部であり、我々が日々、法律業務に熱中する理由の一つです。

デュー・ディリジェンスおよびFTO(freedom-to-operate)の調査

イノベーションを創造する全ての市場参加者は、他社の法的な領域に巻き込まれるリスクを負います。 その為、デュー・ディリジェンス審査をお勧めいたします。 適時に知的財産権に関するリスクを認識する手助けになります。 当事務所による調査では、依頼人の全ての財産権や協定を分析します: 特許、これらの適切な登録とライセンス、および商標、意匠、その他。 御社のイノベーションが第三者の権利を侵害していないかを判断する為、FTO(freedom-to-operate)調査も行います。 ここで、主要な競合他社の財産権を検査します。 意味のある結果を生む為に、適切なデータバンクの使用を可能にする強力なツールやプロセスを開発しました。 「本当に、特許の占有権を所有しているか」 「製品は十分に保護されているか」 当事務所のデュー・ディリジェンスおよびFTO(freedom-to-operate)調査はこれらの質問の答えを見つけ出し、御社の地位を評価する手掛かりとなります。

知的財産権の有効性に関する調査

財産権に取り組む際には、有効性の観点からも、相当な注意が必要です。 例えば、特許や実用新案の場合、特許取得の時点で既に先行技術から際立たなくなってしまう恐れがあります。 また、所有権に関しても、定期的に確認することをお勧めいたします。 特に、会社名が変更された場合、財産権もこれに適応させる必要があります。 また、他社の財産権の使用許可を購買したい場合は? この場合も、不愉快な不意打ちを防ぐために、有効性を確認する必要があります。 どちらの件でも、調査、専門家の意見、詳細なアドバイスを通してサポートいたします。

先行技術調査

特許または実用新案を登録する為には、技術発明が先行技術と比べて新しいものでなければなりません。それは、自社による文献でも(見本市や会議でも)未だそのような形で公表されていない場合に相当します。 その為、特許出願まで発明を必ず極秘にしておくよう気をつけてください。 丁寧な調査により、皆様のアイデアが本当に新しいものか、特許または実用新案として通るものかを知る為に、喜んで手助けをいたします。

登録商標調査

製品を商標として保護する場合、適切な名前を選び、市場を用心深く観察するべきです。 調査と慎重な考慮が不快な不意打ちを防げます。 例えば、簡潔で発音しやすい、製品に合う名前であること、しかし製品を直接言い表す名前でないことが重要です。 商標の使用地域により、文化的および言語的側面にも注意を向けなければなりません。 他言語の文字も考慮するべきです。 さらに、ブランド名が他の、既存の財産権所有者の保護範囲と重複しないよう、注意しなければ正式な警告を受けることになり得ます。 最悪の場合、新しい名前を完全に廃止しなければならない恐れがあります。 ドメインが最初の指標になり得ます: もしもまだ使用されていない場合、早い時点で予約し、オンラインプレゼンスを設立するべきです。 特定のデータベースで、同一の名前が存在するかどうか検索できます。 市場には似たようなツールが多数ありますが、全てが同じ、信頼性のある結果を生み出すわけではありません。 だからこそ、我々のような専門家に、早い時点でご相談することが推薦されます。 我々は、競合だけでなく御社のポートフォリオ全体を見守り、適切なブランド名を選び出すための重要な手掛かりを提供します。

リサーチチーム

コハウシュ&フロラック法律事務所(COHAUSZ & FLORACK)のリサーチチームは、IPポートフォリオのメンテナンスに関して、最高水準のあらゆる調査方法に精通しています。  

弊事務所のスタッフたちは、さまざまな分野のエンジニアや研究者として、深い専門性を備えています。彼らは、長年にわたって、研究者として働いており、豊富な経験を保持しています。 彼らスタッフ全員には、共通している点があります。 それは、ディティールへの愛です。

フィルター

Gottfried Schüll

詳細を見る

Dr. Thomas Rox

詳細を見る

Ulrike Alice Ulrich

詳細を見る

Dr. Arwed Burrichter

詳細を見る

Mathias Karlhuber

詳細を見る

Philipe Walter

詳細を見る

Arnd Ziebell

詳細を見る

Dr. Christoph Walke

詳細を見る

Rebekka Schiffer

詳細を見る

Dr. Jochen Kapfenberger

詳細を見る

Dr. Fabian Vogelbruch

詳細を見る

Dr. Henning Sternemann

詳細を見る

Hendrik Bücker

詳細を見る

Jan Ackermann

詳細を見る

Matthias Waters

詳細を見る

Dr. Natalie Kirchhofer

詳細を見る

Michel Kaminsky

詳細を見る

Dr. Reinhard Fischer

詳細を見る

Björn Brouwers

詳細を見る

Dr. Romina Kühnle

詳細を見る

Dr. Tobias Hoheisel(トビアス・ホーハイゼル博士)

詳細を見る

ペーター・レッケンテーラー博士(Dr. Peter Reckenthäler

詳細を見る

Dr. Melanie Lödige

詳細を見る

フェリペ・フォン・ヘーレマン (Felipe von Heereman)

詳細を見る

その他の法的業務

ご質問、ご要望、提案などはございますか。 喜んで承りますので、いつでもお気軽にご相談ください。お問い合せをお待ちしております。