調査

調査は、非常に重要です。知的財産権を登録する前、そして既存のポートフォリオを管理するにあたり、常に市場から目を離さないことが大切です。そうすることにより、安全を期すことができ、またリスクを効果的に回避することができます。重要な手段としては、デュー・ディリジェンスおよびFTO調査、知的財産権の有効性調査、先行技術調査、商標調査等があります。調査は、当事務所の専門家にお任せください。我々にとって、これらの手段は日常業務の一部であり、得意とする法律業務です。

デュー・ディリジェンスおよびFTO(freedom-to-operate)調査

イノベーションを生み出す全ての市場参入者は、他社の法的な領域に抵触するリスクを負います。そのため、デュー・ディリジェンスをお勧めいたします。適時に知的財産権に関するリスクを認識する手助けになるからです。当事務所による調査では、特許、商標、意匠およびその他の権利の登録状況ならびにライセンスを含め、クライアントの全ての知的財産権および契約について分析します。貴社のイノベーションが第三者の権利を侵害していないかを判断するため、FTO(freedom-to-operate)調査も行います。FTO調査では、主要な競合他社の知的財産権を調べます。我々は、適切なデータバンクを上手に使用して有意義な結果を得ることができる強力なツールやプロセスを開発しました。「我々は本当に、独占的な特許権を有しているか?」 「我々の製品は、特許によって十分に保護されているか?」 当事務所のデュー・ディリジェンスおよびFTO(freedom-to-operate)調査によって、我々はこのような疑問の答えを見つけ出し、貴社の立場を評価する手助けをします。

知的財産権の有効性に関する調査

知的財産権を扱う際には、有効性の観点からも、相当な注意が必要です。例えば、特許や実用新案の場合、それらが登録されたときにはもはやその時点の技術に対して独創的でなくなってしまう恐れがあります。また、権利者に関しても、定期的に確認することをお勧めいたします。特に、会社名が変更された場合、知的財産権の権利者もこれに対応して変更する必要があります。また、他社の知的財産権のライセンス許諾を得たい場合はどうでしょう?この場合も、不測の事態を防ぐために、その知的財産権の有効性を確認しておく必要があります。いずれの場合についても、我々は、調査、専門家の意見、および詳細なアドバイスを通して貴社をサポートいたします。

先行技術調査

特許または実用新案を登録するためには、貴社の技術発明が先行技術と比べて新しいものでなければなりません。それは、自社による公開(例えば見本市や会議での公開)を含み、未だ公知になっていないものである必要があります。そのため、特許出願をするまで発明を必ず秘密にしておくよう気をつけてください。我々は、丁寧な調査により、貴社をサポートします。我々は、調査結果に基づいて、貴社のアイデアが本当に新しいものか、特許または実用新案として登録され得るものかを検討することができます。

商標調査

製品を商標として保護する場合、適切な名称を選び、市場を注視するべきです。調査と慎重な検討により、不測の事態を防げます。例えば、名称は簡潔で発音しやすく、製品に合うものであるべきですが、製品を直接言い表す名称でないことが重要です。商標の使用地域に合わせて、文化的および言語的側面にも注意を向けなければなりません。他言語の文字も考慮するべきです。さらに、貴社のブランド名が、既存の権利者の保護範囲と重複しないよう注意しなければ、警告を受けることになり得ます。最悪の場合、新しい名称を継続して使用できなくなる恐れがあります。ドメインが最初の指標になり得ます。使用したいドメインがまだ使用されていない場合、早い時点でドメイン登録し、オンラインプレゼンスを構築するべきです。特定のデータベースで、同一のドメイン名が存在するかどうかを検索できます。市場には似たようなツールが多数ありますが、全てが同じ、信頼性のある結果を生み出すわけではありません。だからこそ、我々のような専門家に、早い時点で相談することが推奨されます。我々は、競合他社を監視するだけでなく貴社のポートフォリオ全体を見て、適切なブランド名を選び出すために重要なサポートを提供します。

リサーチチーム

COHAUSZ & FLORACK事務所のリサーチチームは、IPポートフォリオの管理に関して、最高水準を満たすあらゆる調査方法に精通しています。当事務所のスタッフたちは、エンジニアや研究者として、さまざまな分野で優れた専門性を備えており、長年にわたって研究者として働いていた者もおります。彼らスタッフ全員には、共通点があります。それは、細部まで大事にすることです。

フィルター

Gottfried Schüll

詳細を見る

Dr. Thomas Rox

詳細を見る

Ulrike Alice Ulrich

詳細を見る

Dr. Arwed Burrichter

詳細を見る

Mathias Karlhuber

詳細を見る

Philipe Walter

詳細を見る

Arnd Ziebell

詳細を見る

Dr. Christoph Walke

詳細を見る

Rebekka Schiffer

詳細を見る

Dr. Jochen Kapfenberger

詳細を見る

Dr. Fabian Vogelbruch

詳細を見る

Dr. Henning Sternemann

詳細を見る

Hendrik Bücker

詳細を見る

Jan Ackermann

詳細を見る

Matthias Waters

詳細を見る

Dr. Natalie Kirchhofer

詳細を見る

Michel Kaminsky

詳細を見る

Björn Brouwers

詳細を見る

Dr. Reinhard Fischer

詳細を見る

Dr. Romina Kühnle

詳細を見る

Dr. Tobias Hoheisel(トビアス・ホーハイゼル博士)

詳細を見る

ペーター・レッケンテーラー博士(Dr. Peter Reckenthäler

詳細を見る

Dr. Melanie Lödige

詳細を見る

フェリペ・フォン・ヘーレマン (Felipe von Heereman)

詳細を見る

その他の法的業務

ご質問、ご要望、提案などはございますか。 喜んで承りますので、いつでもお気軽にご相談ください。お問い合せをお待ちしております。