職務発明法に関するコンサルティング

イノベーションは多くの場合、雇用者のアイデアから生まれ、雇用者個人の成果として見なされます。 この場合、職務発明法(“ArbnErfG”)は基礎となる法的枠組みを提供し、雇用主がこのような成果を活用することを可能にします。 この法律に基づく権利と義務は、効果的な報酬システムの基本となり得ます。 このようにして、従業員に、発明をし続ける動機を与えることができます。 このようなシステムやプロセスの開発において、従業員の価値あるアイデアを賢明に活用し、確保するために手助けをします。 例えば報酬額について紛争が生じた場合、雇用者と雇用主の両者がドイツPTOの職務発明仲裁委員会に相談することができます。 当委員会は、両当事者が和解に達することができるよう努めます。 多くの場合、仲裁委員会での手続きは法的手続きの前提条件となっています。

従業者発明を支援するためのパートナー

Johannes Simons

詳細を見る

Ulrike Alice Ulrich

詳細を見る

Dr. Arwed Burrichter

詳細を見る

Mathias Karlhuber

詳細を見る

Philipe Walter

詳細を見る

Arnd Ziebell

詳細を見る

Dr. Christoph Walke

詳細を見る

Dr. Jochen Kapfenberger

詳細を見る

Dr. Henning Sternemann

詳細を見る

Jan Ackermann

詳細を見る

Dr. Reinhard Fischer

詳細を見る

Björn Brouwers

詳細を見る

ペーター・レッケンテーラー博士(Dr. Peter Reckenthäler

詳細を見る

その他の法的業務

ご質問、ご要望、提案などはございますか。 喜んで承りますので、いつでもお気軽にご相談ください。お問い合せをお待ちしております。