Skip navigation

Matthias Waters

弁理士

2018年よりパートナー

Bleichstraße 14
D-40211 Düsseldorf

Phone +49 211 90490-0
Fax +49 211 90490-49

mail@cohausz-florack.de

詳細な履歴

Matthias Watersは電気工学と情報科学技術をアーヘン工科大学で専攻。 2009年、抵抗性メモリ装置の使用材料の特徴をテーマとしたJülich研究所での論文により卒業資格を得る。 履修中に回路設計とマイクロシステム技術についての経験を積む。 リーダー格のいくつかの工科大学が行なったインターナショナルなプログラムで、マネージメントとビジネス管理、またイノベーションマネージメント分野に関する知識を習得。 同じプログラムの中で、ヨーテボリのチャルマース工科大学で一学期間の勉学。 さらに米国とメキシコにも留学。 2009年から2013年の間、COHAUSZ & FLORACKで、デュッセルドルフ地方裁判所、ドイツ特許・商標庁(DPMA)、ドイツ連邦特許裁判所の体験も含め、知的財産と民法の研修を受ける。 同時に、「弁理士法」をハーゲン大学で学ぶ。 2013年に研修を終了してからは、ドイツの弁理士、また欧州特許庁に対する職業代理人として活動。 
Matthias Watersは弁理士として知的財産法に関する全分野で国内外の企業を相手にする。 通信工学の分野に特別の専門知識がある。 その他、データ処理とソフトウェア、暗号法、マイクロシステム技術、回路技術の分野にも注力。 
Mathias Watersの使用言語はドイツ語と英語。

Recommendations