Skip navigation

Dr. Natalie Kirchhofer

弁理士

2018年よりパートナー

Bleichstraße 14
D-40211 Düsseldorf

Telefon +49 211 90490-0
Telefax +49 211 90490-49

nkirchhofer@cohausz-florack.de

詳細な履歴

ナタリー・キルヒホーファー博士(Dr. Natalie Kirchhofer)は、化学や製薬、そしてライフサイエンスのエキスパートです。 キルヒホーファー氏は、コハウシュ&フロラック法律事務所(COHAUSZ & FLORACK)の特許弁理士およびパートナーとして活動しています。ドイツ国内外の化学および製薬会社やバイオテックのスタートアップ企業に向けて、知的財産権に関するコンサルティングを行っています。 とりわけ、キルヒホーファー氏の戦略的なアドバイス、自身の専門性や分析的なスキル、そして口頭での交渉能力は、クライアントに大きな恩恵をもたらします。 ナタリー・キルヒホーファー氏は、すでに数多くの係争(主に認可、不服申し立て、そして無効手続き)で成功を収めており、多くの製薬産業化の有名企業が保持する価値のある知的財産権を承認させてきました。 同時に、化学および製薬関連の特許法について、レクチャーを行い、積極的に執筆活動も行っています。

チュービンゲン大学で生物化学を学びました。この間、ドイツ国立学術基金による奨学金のサポートを受けました。 フルブライト奨学金を得て、米国のニューヨークにあるロックフェラー大学で、ノーベル賞受賞者のギュンター・ブローベル教授のもと1年の学術研究期間を過ごしました。 帰国後、そのままベーリンガー・インゲルハイム基金の奨学金を得て、ミュンヘンのマックスプランク研究所の生物化学部門で博士号を取得しました。

コハウシュ&フロラック法律事務所(COHAUSZ & FLORACK)で、知的財産法を学ぶための研修を積んだ後、2014年にドイツ国内の弁理士および欧州特許局の代理人として承認されました。 その後、米国のニューヨークにある Ropes & Gray LLPのIP承認手続き担当グループで6ヶ月間働きました。これにより、米国特許に関して、実践的な経験を集めることができました。 また、ドイツの製薬関連の大企業に出向し、勤務した経験もあります。

ナタリー・キルヒホーファー氏は、コハウシュ&フロラック法律事務所(COHAUSZ & FLORACK)に2014年から所属し、化学、製薬およびライフサイエンス担当チームで活躍しています。 そうして、2018年にパートナーとして任命されました。 キルヒホーファー氏は、ドイツ語、英語、そしてフランス語でアドバイスを行います。

Recommendations

  • Who's Who Legal Germany – Patents 2021
    "Natalie Kirchhofer is lauded by peers as a 'renowned and experienced biochemistry patent specialist'."
    "Dr. Kirchhofer’s talent for advocating and devising effective winning strategies place her among the most sought-after (bio)chemistry patent counsel in Germany."
  • WIPR Influential Women in IP 2020
  • JUVE Handbuch 2020/2021
    Leading advisor among patent attorneys ("can explain everything", competitor)
  • Best Lawyers 2021
  • JUVE Handbuch 2019/2020
    "often recommended"
  • WIPR Influential Women in IP 2019
    Recognized as one of 20 "Trailblazers" ("identified as rising stars in the industry"; "destined for great things")
  • Best Lawyers 2020
  • LMG Life Sciences Star 2015

公表文献