Skip navigation

ローレン・シュウェイザー博士(Dr. Lauren Schweizer)

特許弁理士

Bleichstraße 14
D-40211 Düsseldorf

Phone +49 211 90490-0
Fax +49 211 90490-49

mail@cohausz-florack.de

プロフィール詳細

ローレン・シュウェイザー博士(Dr. Lauren Schweizer)は、生化学、製薬、ライフサイエンスの分野を専門とする弁理士です。

エモリー大学(米国)で神経科学の学士(理学)号を、ゲオルク・アウグスト大学ゲッティンゲン(ドイツ)でマックスプランク研究所の奨学金を受けて神経科学の修士(理学)号を取得した後、国際神経科学大学院(ルール大学ボーフム、ドイツ)で博士号を取得しました。

修士課程では、MPI of Experimental Medicineの神経遺伝学研究所と腫瘍生理学研究所でトレーニングを受け、University Clinic Göttingenと協力して、患者やトランスジェニック動物のシャルコー・マリー・トゥース病1Aの特徴を明らかにするために、クロス・トランスレーショナルな分子・電気生理学的手法を用いて研究を行いました。

博士課程では、痛みの遺伝子、分子、神経生理学的なバイオマーカーを調べるための臨床研究を行い、痛みの知覚を変えるための非侵襲的な磁気および電気刺激の技術を採用しました。

その後、コハウシュ&フロラック法律事務所(COHAUSZ & FLORACK)で欧州およびドイツの特許(および商標)弁理士としての研修を受け、2021年にドイツ特許商標庁およびドイツ連邦特許裁判所での研修を修了しました。

2021年6月に、(バイオ)化学、ライフサイエンス、製薬分野の弁理士としてC&Fチームに再参加しました。

シュウェイザー博士はアメリカ人で、英語とドイツ語を話します。