Jump directly to main navigation Jump directly to content

Mathias Karlhuber

弁理士

2005年よりパートナー

Bleichstrasse 14
D-40211 Duesseldorf
Germany

Phone +49 211 90490-0
Fax +49 211 90490-49

mail@cohausz-florack.de

詳細な履歴

Mathias Karlhuberは機械工学をミュンヘン工科大学、ハンブルク―ハーブルク工科大学、イリノイ州シカゴRush Presbyterian聖路加医療センターで専攻。専門は意匠技術。1995年工学技士の資格を得て卒業。

知的財産法の研修はハンブルクとベルリンの特許事務所、ドイツ特許・商標庁、連邦特許庁、ミュンヘン地方裁判所で行われた。 1999年より弁理士、欧州連合特許庁に対する職業代理人、欧州連合知的財産庁(EUIPO)に対する職業代理人として活動。 ベルリンの法律事務所で2年間の修習を終えた後、Mathias Karlhuberは2001年にCOHAUSZ & FLORACKに参加。 2

2015年~2021年、国際商業会議所(ICC)知的財産委員会の特許ラポータを務める。この資格で、工業所有権委員会(以下、IP委員会)に特許制度の動向を伝え、重要な国際フォーラムや会議にICCを代表して参加した。

Mathias Karlhuberは鉄道技術、特に駆動装置工学、衝突安全技術、空気力学の分野における技術関連知的財産権の取得と弁護に携わる。 また、専門分野は半導体リソグラフィ、マイクロメカニクス、医療技術、印刷技術、データセキュリティー技術、一般機械工学。

Mathias Karlhuberはドイツ語、英語、フランス語を話す。

現在の推奨


公表文献